関東(東京・神奈川)の単身引越し人力引越社(関東支社)

関東発の安心引越し業者人力引越社 関東支社

女性リピータ続出!
安心大満足のお引越しがこの料金で!

面倒な引っ越しやクリーニングを頼める業者選びのコツとは

関東発の単身引越し人力引越社 > コラム > 面倒な引っ越しやクリーニングを頼める業者選びのコツとは

面倒な引っ越しやクリーニングを頼める業者選びのコツとは


転居する理由は人それぞれ



人は様々な理由で転居することを余儀なくされ、一生を同じ場所で過ごすということはあまり多くはありません。転居の理由としては、転勤や進学、住環境への不満、結婚や同棲、間取りや住宅の設備に対する不満、家賃の高さなどが挙げられます。仕事絡みの転居は、現在の住居がどんなに気に入っていたとしても仕方がないことであり、確かに職場に少しでも近い方が生活が楽になります。また、進学を機に生まれて初めて実家から出るという人も少なくなく、慣れない環境で生活していくためには、少しでも利便性の高いところを希望することが多いでしょう。

家賃が安いということは、転居の最大のポイントにもなりますが、いざ住んでみると周りにスーパーやコンビニがなく、あまりにも生活が不便で再び転居することになってしまうということもあるので、住環境も大切なポイントであることを知っておくべきでしょう。職場や学校になるべく近い方がいい、買い物などの利便性が高い方がいい、家賃もできるだけ安くなど、様々な条件の中で上手く折り合いをつけなければならないのです。

結婚や同棲など、独り暮らしを卒業するタイミングで転居される方もたくさんいます。2人ではワンルームは手狭になるし生活用品も単純に2倍になるので、少しでも広い所を探して転居することになります。間取りが増えるということは、それだけ家賃が高くなるということです。家賃が出費のどれほどを占めるかということは2人の実生活に直接響いてくるため、部屋探しはなかなか大変な作業となります。

また、なんとか気に入った部屋が見つかったとしても、最も大変な引っ越しの作業が待っています。男性は比較的持ち物が少ないことが多くそれほど荷造りに手間がかかりませんが、女性は男性に比べると荷物が多くなることが多々あります。こまごまとした物が多い場合は荷造りや荷ほどきも大変です。さらに、荷物を運び出した後の部屋のクリーニングも頭が痛いものです。



女性の一人暮らしの荷造りは大変



進学や就職など、春は一年の中で最も転居する方が多いシーズンになります。女性で初めて一人暮らしを始める方、仕事の関係で転居しなければならなくなった方の引っ越しには、どのような悩みがあるのでしょうか。

最も面倒であると思われることには、荷造りや荷ほどきのほか、電気や水道、ガスなどの手続き、物件探しや住所変更などが挙げられています。特に荷造りは、毎日の仕事や生活を送りながら並行して行わなければならないため、大きな負担と感じる人が多いようです。転居日ギリギリにならないとやる気が起きない、やたらと荷物が多いので途方に暮れてしまう、段ボールを手に入れて詰め込む作業だけでも大変といったことや、複雑な配線で接続されているAV機器のケーブルなどを抜き取ることはできても、購入した際に業者にやってもらったため、新居で自力で元通りに配線する自信がないなど、様々な悩みがあるようです。

さらに転居先に現在所持している荷物が全て収納できるスペースがあるとは限らないため、不用品を捨てるにもその分別に時間がかかることも多く、やってもやっても終わらないという諦めの気持ちを持つこともあり、それでも転居期日までには何とかしなくてはならないというプレッシャーによって、毎日がとても憂鬱になるでしょう。

アパートやマンションなどを賃貸している場合は、原状復帰が原則です。荷物を運び出せばいいというものではなく、長年の生活で溜まった埃や汚れ、シミなどをきれいにクリーニングして明け渡さなければなりません。実際のところ、掃除にまで体力や精神力が残っていないというのが本音ではないでしょうか。



女性でも安心して依頼できる業者とは



転居する際は、ほとんどの場合引っ越し業者に依頼することになります。現在は大手をはじめとして業者が数多く存在するため、どこに依頼すればいいか迷うこともあるでしょう。業者を選定するポイントにはいくつかありますが、まずは料金が安いということがポイントでしょう。

引っ越しは、ほとんどの場合土日を使って行われるため、予約が取れなかったり、繁忙期の土日であれば料金が通常よりも割高になることがよくあります。しかし、業者によっては、平日に半額料金を設定しているところもあり、そういった業者を選択することでお得に依頼することが出来ます。ネットや電話で見積もりが可能であるため、大きな変更がない限り追加料金が発生することもありません。

また、女性が大の苦手としている家具や家電の設置もスタッフがしてくれるため、搬入後に荷物に囲まれて途方に暮れることもないでしょう。大手業者の場合、荷造り用の段ボールや布団袋などは、料金に含まれているものの、それぞれ有料となることが普通です。業者によっては全て無料で提供してくれるところもあるため、比較してみると良いでしょう。

転居の際の最後の仕事として、部屋や家具、家電などに積もり積もった埃や汚れをきれいにクリーニングする作業がありますが、結構労力のいるものです。業者によっては、普段手の届かないところまでスタッフが清掃してくれるサービスが付加されていることもあるため、とても助かります。

さらに、エアコンの着脱や複雑なAV機器の接続は、少し落ち着いてから専門業者に依頼することで別料金が発生します。しかし、業者の中には、オーディオや洗濯機などの設置や配線を料金内で行ってくれるところもあり、転居したその日から使用することができてとても便利です。女性一人の転居に特化したサービスが充実している業者を選ぶことが最大のポイントと言えるでしょう。

次の記事へ