関東(東京・神奈川)の単身引越し人力引越社(関東支社)

関東発の安心引越し業者人力引越社 関東支社

女性リピータ続出!
安心大満足のお引越しがこの料金で!

遠距離の引越しでの費用を抑えるコツと業者の選び方

関東発の単身引越し人力引越社 > コラム > 遠距離の引越しでの費用を抑えるコツと業者の選び方

遠距離の引越しでの費用を抑えるコツと業者の選び方


遠距離での引越し



タクシーで長距離移動をする場合、距離に応じて料金が高くなります。引越しも同様に、長距離の引越しというのも高額になるケースが多くなっています。しかし、会社からの転勤辞令が出れば、いくら遠くてもその地域へ行くことは必要不可欠です。その際、今使っている家具や家電を全て処分して新しいものを購入するのではなく、少しでも節約するために、今使っているものを使おうと思い、荷物を全て運びたいと思う人もいるでしょう。しかし、引越しというのは、業者に荷物を運んでもらう費用以外にも色々とお金のかかるものです。旧居の引き払いをする際に、状態によっては別途クリーニング代を請求されることがありますし、時期を急ぐ場合には二重家賃での生活となることもあります。当然、敷金礼金も必要ですし、新たに必要となる家具家電も出てくる場合も考えられます。そうすると、総合的にかかる費用はかなりのものになってしまいます。

特に、遠距離の場合には、基本的な運賃だけでなくトラックチャーターの費用や人件費、ガソリン代などといった費用を加算して請求されるケースもあります。遠距離となれば、移動にかかる時間も長くなりますから、長距離の運転は連続して行うのが難しく途中で休憩も必要となるため経費がかかり、どうしても費用は高くなってしまうのです。とはいえ、最近では業者もいろいろな工夫をして割引できるプランを設けたり、リーズナブルな料金体系を設けたりする業者も出てきています。そこで、幅広い業者の情報を集めることで、少しでもリーズナブルに転居ができるようになることもありますので比較検討が必要です。



引越しの新しいサービス「混載便」



最近では少しでも料金を抑えるための工夫として、業者の中には混載便というプランを打ち出しているところが増えています。基本的に引越しをする際には、一件に一台のトラックが用意されます。しかし、単身での利用となると、一台まるまる用意されても荷台に余裕が出て来るケースもあります。そういったときに、空いているスペースに他の人の荷物も積み込んで運ぶことで、遠距離の場合だとしても一般的な費用と比べてぐっと抑えることが出来ます。

ひとり暮らしで必要な荷物というのは、多く見えるようで意外と少ないものです。ましてや、不動産会社のキャンペーンなどで家具や家電などがあらかじめセットされている住宅の場合、新たに設置するものも少ないでしょう。男性の場合に限れば、衣服も出来る限り少なく、身軽な状態で引越しを望むということもあるかと思われます。そういった「引越しの荷物が思いのほか少ないけれど、一人で運ぶには少し面倒」という、現代人に向けたサービスが混載便といえます。

たとえ遠距離であったとしても同じような地域へ転居する二世帯で利用をすれば、トラックのチャーター費用もガソリン代、高速代を半額ずつ負担すれば良くなるのでその分価格が抑えられます。業者としても輸送する手間が一度で済むために人件費を抑えることができます。また、作業量を増やすことができるために両者にとって打ってつけのプランであるといえます。



平日の引越しは意外な狙い目



引越しを検討する際、移動や荷物の準備・設置などを考えると、必然的に休日に予定日を組む方が多くなります。しかし、業者によっては平日のみ行われるお得なサービスというものがあります。なぜ平日に安い料金で利用が出来るかというと、平日に予定を組む方が少なく引越し用トラックの多くが空いているためです。依頼がなければ売上にも繋がらないため、業者にとっても顧客を掴みたいという考えがあると言えます。この為、価格が安いからといって、サービスが低下してしまうというような心配もありません。プロの業者による丁寧な仕事により、値段以上のお得感があるものといえます。遠距離の物件に引越しをする場合には費用を抑えられるが、引越しの質は変わらないので大変おすすめです。

また、一般的に引越し業者に依頼の集中する日は月末や月初付近だと言われています。これは、不動産業者との賃貸契約が関係しているためです。家賃を日割り計算しない物件を利用または解約する際、住んでいない期間分の家賃は払いたくないという理由などが関係しています。そのため、業者の中には、月末や月初を除いた数日間を格安キャンペーン期間として設けているケースもあります。予算だけではなく日程の部分でも業者選びの重要なポイントとして見逃せません。

平日は業者にとっても、閑古鳥が鳴くのを避けるために顧客を増やさなければいけない日です。そのため、大手・中小と限らず、より利用者を増やすための取り組みとして、曜日限定の格安キャンペーンが行われているといえます。実際に遠距離の引越しをする際には、業者へ依頼時にどの日が一番空いているのかを電話で聞いてみると、より安く利用できるかもしれません。

次の記事へ