関東(東京・神奈川)の単身引越し人力引越社(関東支社)

関東発の安心引越し業者人力引越社 関東支社

女性リピータ続出!
安心大満足のお引越しがこの料金で!

引越しの心づけを渡すメリットやタイミングとは?

関東発の単身引越し人力引越社 > コラム > 引越しの心づけを渡すメリットやタイミングとは?

引越しの心づけを渡すメリットやタイミングとは?


引越しに心づけは必要なの?



引越し業者に依頼したときには、心づけは必要になるのでしょうか。昔はそれが定着していたようですが、最近は基本的に料金に含まれているので、特に必要ないと思っている業者がいるようです。実際に、心づけがあるかないかで仕事内容が変わるわけではありませんし、作業内容が変わることもありません。

そもそも心づけとはお世話になる人へねぎらいの気持ちや感謝の気持ちを品物や金銭で表したものです。したがって、特に強制するものでもありませんし、業者側も特に期待するものではありません。しかし、真夏であれば大汗を流しながら荷物を運び、傷を付けないように細心の注意を払いながら作業を進めている作業員に対して、感謝の気持ちを渡すことはお互いに気持ち良いことだと言えます。

では、その引越し業者にはどのくらいの心づけを渡せばいいのでしょうか。実際の相場は特に決まっていませんので、自分の気持ち次第でいいのですが、やはりあまり多すぎても少なすぎても相手は困ってしまうでしょう。ほどほどの金額にしておくのがベストだと言えます。渡すときには裸の状態で渡すのではなくて、ぽち袋に入れて渡すのがいいでしょう。また、現場リーダーにまとめて人数分を渡すよりも、作業員一人ひとりに対して挨拶を交えながら渡した方がより心を込めることができます。その際には、リーダーには少し多めに渡し、リーダーに人数分渡すときには作業員全員が認識するために全員が揃ったときにまとめて渡すといいでしょう。



渡すタイミングはどうすればいいのか?



引越し業者に心づけを渡すタイミングはいつがベストなのでしょうか。例えば作業前に渡すことによって、やはり作業員の気持ちが変わってくるので良いと言われますが、作業内容が良くなるというよりも当日やってきた作業員とコミュニケーションが取りやすくなるメリットの方が大きいです。引越し作業というのはバタバタしてとても忙しいので、先に業者にねぎらいの言葉と一緒に心づけを渡すことによって気持ち良くコミュニケーションを取ることができ、その後の作業もとてもスムーズになるでしょう。

一方で引越し作業終了後に心づけを渡す場合もあります。その場合であれば、作業員は仕事ぶりをお客から評価されたという証になります。また、作業終了後は汗をかいていることがほとんどなので、お金ではなくてジュースやお茶などをお礼として渡すこともあります。自動販売機で買ったものであれば、あれこれ悩んだり気負ったりすることがなく、休憩時や終了後にスムーズに渡すことができます。それだけでも十分気持ちは伝わります。

もちろん、業者によっては受け取ってくれない場合もありますが、ねぎらいの言葉や感謝の言葉はいくらこちらがお金を払った側とはいえ、マナーとして伝えるようにするといいでしょう。当日には作業員が何人やってくるのかわからないので、現金を渡す場合であれば事前にお札を崩しておくといいでしょう。また、心づけを用意しているところを見られると、業者側もお断りを入れてくることがありますので、作業前日までに用意しておくと気を遣わせずに済みます。



良い業者を選ぶためにはどうすればいいのか?



きちんと仕事をしてくれる引越し業者には、こちらも心づけを渡したくなるものです。では優良な業者はどのようにして見つければいいのでしょうか。

引越しをする上で一番気になるのはやはり費用になるので、まずは見積もりに来てもらうのが一番です。見積もりに来てもらったときの業者の対応を参考にしてその業者と契約するかどうかを決めるといいでしょう。最近は訪問見積もりを無料でしてくれる業者が多いので、いくらになるのか見当が付かない場合であれば業者のホームページから申し込みをするといいでしょう。このときには、一社だけの見積もりにするのではなくて、複数の業者に見積もりを取ってもらうようにするといいでしょう。そうすればどこが最安値なのかを知ることができます。

また、最近の業者はマナーがとても良いので、一人暮らしの女性でも安心して依頼することができます。社員教育が徹底していますし、女性が苦手としている家具の配置や家電の配置をきめ細かく行ってくれます。また、関東から近畿などの遠距離の引越しであっても素早く荷物を届けてくれるようなところに依頼するといいでしょう。引越しするときに心配なのが、輸送中に荷物が壊れてしまうことですが、優良な業者であれば万が一、輸送中の事故で荷物が破損したとしても保障してくれるので、申し込みのときに保障内容についてきちんと説明してくれる業者に依頼することをお勧めします。また、単身でも申し込みできる業者であれば、転勤の多い会社員やこれから一人暮らしを始める学生でも安心して申し込みすることができます。業者を選ぶときには、ホームページに掲載しているサービス内容をよくチェックして、自分が求めているサービスを行っている業者に依頼するのが正解です。

次の記事へ