関東(東京・神奈川)の単身引越し人力引越社(関東支社)

関東発の安心引越し業者人力引越社 関東支社

女性リピータ続出!
安心大満足のお引越しがこの料金で!

引っ越しの豆知識や必要な初期費用について

関東発の単身引越し人力引越社 > コラム > 引っ越しの豆知識や必要な初期費用について

引っ越しの豆知識や必要な初期費用について


賃貸住宅への引っ越しでかかる初期費用とは



引っ越しをする前に初期費用はどのくらいかかるのか知りたい方も多いのではないでしょうか。ここではこれから引っ越しを考えている方のためにも初期費用について紹介します。

まず1つ目に必要になるのが敷金です。聞いたことがある方もいるかと思いますが、敷金は何かがあった時のための担保のような役割を果たすものです。例えば家賃が一時的に払えなくなった場合などは敷金で補うという方になります。では、逆に何も問題が無かったらどうなるのかというと、敷金は戻ってくるのが一般的です。敷金は保証金のようなものですが、ほとんどの場合は必要になるので覚えておくといいでしょう。

2つ目は礼金です。礼金とはその名の通り部屋を貸してくれる大家にお礼として送るお金のことを言います。近年では礼金が必要ないというところも増えてきていますが、まだまだ礼金を支払っているところは多いでしょう。礼金も初期費用として必要になるお金になるので頭の中に入れておくといいでしょう。

3つ目は仲介手数料です。これは一般的に不動産会社を利用して部屋を探すときに発生する手数料です。基本的に家を探すときには不動産に依頼して紹介してもらうスタイルが一般的です。自分で家を探すとなると大家に連絡する必要があり、大変な作業になるのでほとんどの場合は不動産会社に依頼をします。これによって仲介手数料というものが発生するので初期費用として必要になることを覚えておくといいでしょう。

4つ目はカギ交換費用です。これは安全のためにカギを交換する時に必要な費用になりますが、賃貸住宅に引っ越すときにはカギ交換費用も頭に入れておくといいでしょう。



引っ越し業者に依頼する時に初期費用を安くする方法



引っ越しは業者に依頼をすると費用が発生します。業者といってもそれぞれ運営会社は異なります。サービスの内容もそれぞれ運営会社によって違うので、選ぶときには細かく見て選ぶことが大切です。サービスの内容で料金が決まることもありますが、ちょっとした工夫をすることで自分でも安くできる方法があります。ここでは自分で安くするための方法は何があるのかについて説明します。

まず1つ目は見積もりをして比較しながら決めることです。業者に依頼をする時には見積もりを行った方が良いと言われていますが、実際に見積もりをすることで詳細な料金を知る以外に他の業者と比較をして一番安い業者を選べるというメリットがあります。依頼する前にやっておいた方がいい事なので、これから依頼をしようと思っている人は見積もりを事前にとっておくといいでしょう。

続いて2つ目は梱包に使用する材料を自分で調達することです。例えば梱包の必要な材料は段ボールやガムテープなど色々ありますが、これらは業者に依頼すると有料オプションになる可能性が高いので、予め安く抑えたいなら準備しておくことが重要です。しかし、どうやって調達したらいいのか分からない人もいるでしょう。基本的に段ボールはスーパーなどを利用すれば無料で貰えるところもあります。特に詰め込む荷物が少ない人は簡単に調達することができるので、自分で用意をするといいでしょう。

そして3つ目のポイントは荷物の量を少なくすることです。引っ越しの荷物は少なければ少ない方が安く済ませることができます。実際に荷物が多いと使用するトラックも大きくなったり、何往復もしないといけなくなったりする可能性もあるので、その分高くなります。荷物を減らせばリーズナブルな価格で依頼できる可能性も高いので、特に不用品がたくさんある場合は処分をして最低限の荷物で引越しをするといいでしょう。

このように、業者に依頼すると言っても工夫次第で料金も抑えることができるので、特にリーズナブルな価格で引っ越したい人は説明した内容を実践するといいでしょう。



自分に合う業者を選ぼう



業者に引っ越しを依頼したい人の中にはどこに依頼したらいいのか悩むこともあるでしょう。選ぶときにはいくつか重要なことがあるので、ここでは業者を選ぶときの豆知識について紹介します。

まず、追加料金についてチェックしましょう。例えば見積りをして提示された料金が安いと思って頼んでも、いざ引っ越しが終わって料金を支払ったら見積もりと違うとトラブルになることもあります。追加料金について説明していないところに依頼すると後々トラブルの可能性もあります。事前に追加料金は発生しないと言っているところなら安心できるので、追加料金の有無についてはチェックをしておきましょう。

また、荷物の保障があるかも見ておきましょう。例えば、取扱いで不備があった時でも保障があるところに依頼をしておけば安心です。万が一のことがあっても安心して依頼できる業者かどうかをチェックしておきましょう。このように、2つのポイントを前もって確認しておくと業者選びで失敗することは少なくなるでしょう。

次の記事へ