関東(東京・神奈川)の単身引越し人力引越社(関東支社)

関東発の安心引越し業者人力引越社 関東支社

女性リピータ続出!
安心大満足のお引越しがこの料金で!

引っ越しの梱包について

関東発の単身引越し人力引越社 > コラム > 引っ越しの梱包について

引っ越しの梱包について


引っ越しの梱包作業を効率よく進めるために



引っ越しをする際には梱包作業が必要不可欠ですが、荷造りをする時に何から段ボールに詰めればいいのか分からないという人もいます。特に経験がないという方は効率よく進められる方法を知らない方も多いでしょう。そこで、ここでは荷造りをする手順とコツについて紹介します。

まず1つ目の手順は、部屋をブロックに分けることです。梱包作業を行う上で一番大切だと言われているのが部屋をブロックに分けることです。ブロックに分けずに適当に詰めていくと取り出した時に何が何だかわからないということになる可能性もあるので、どこに何があるのか分からないとならないためにも、まず初めに部屋ごとに分けることが大切です。

2つ目の手順は、ブロックをグルーブごとに分けることです。ブロックに分けるだけでもある程度どこに何があるのか分かりますが、この時点では何から手を付けたらいいのか分からないことがあるため、ブロックはさらに細かくして分けることが大切です。例えば一つの部屋で分けられていても、その中のクローゼットに入れるもの、寝具などと細かく分けることで、よりどこに何があるの把握することができるでしょう。

3つ目の手順は、使う予定がない荷物を段ボールへ詰めることです。細かくグループ分けしたら頻繁に使わない荷物は詰めていくことが大切です。実際に引っ越しをする直前で荷造りを全て行うのは大変です。当日は部屋の掃除などやることがたくさんあるので、前もって使う予定がない荷物から順に梱包作業を進めていくといいでしょう。4つ目は使う予定のある荷物も詰めます。例えば引っ越し前日でもどうしても使用しなければならない荷物はありますが、使う予定がある荷物は段ボールなどに詰める際にはフタを閉めないように詰め込みます。引っ越しを行う当日にフタを閉めるだけにしておくと手間もかからず効率的です。

このように、手順について紹介しましたが、手順は効率よく進めるためにも重要です。予め調べておいた方がいい部分になるので、どのようにしたらいいかわからない人は調べておくと効率よく作業を進められます。



梱包を行う時の注意点



引っ越しをする時には、荷物を段ボールなどに詰め込むスタイルが一般的です。当日までに段ボールでの梱包作業を行いますが、この時には注意したいことがいくつか存在しています。そこで、ここでは注意したいポイントについてお伝えします。

まず1つ目は、重いものから順に詰めていくことです。基本的に軽いものから詰めてしまうと、取りだした時に荷物が破損したりすることが考えられます。重たいものを上に詰めるのはよくないので、詰め込む時には重たいものを下にして上に軽い荷物を入れるようにしましょう。続いての注意点は、大人が一人で持てる重さで詰め込むことです。段ボールと言ってもサイズが様々ですが、荷造りをする時には大人一人が持てる重さにするのが基本です。大人一人で持つことができないと、二人がかかりの作業になったりするので効率が悪くなります。早めに作業を終えるためにも、大人一人で持てる重さで荷造りをしましょう。

3つ目の注意点は、段ボールに隙間ができる場合には新聞紙等の緩衝材を詰めましょう。箱の中にはどうしても隙間ができてしまうことがあります。隙間ができてしまうとその分下を支えている荷物の負担となるので、隙間をなくすことが大切です。新聞紙やタオルなどを敷き詰めるだけでもいいので忘れないようにしましょう。4つ目の注意点は、箱の表に何が入っているか記載することです。詰め込むのに精一杯になりすぎて何が入っているのか記載をし忘れるという人がいますが、忘れてしまうと荷ほどきする際に何が入っているか分かりません。新居で手間がかかってしまうので梱包作業を終えたら何が入っているのか記載するようにしましょう。このように、単純な梱包作業でも注意したいことは複数あることが分かります。



荷造りを工夫すると引っ越しの費用が安くなる?



引っ越しを業者に依頼する時には、なるべく費用を安く済ませたいと思っている方が多いのではないでしょうか。安く済ませるためには色々方法がありますが、梱包の作業も工夫をするだけで安く済ませることができます。ここでは、安く済ませるための方法とは何かについて説明します。

まず、不用品はできる限り処分をすることが大切です。例えば不要な物なのに捨てていなかったり、もったいないからと全て新居に持っていこうとしたりするとその分荷物の量も多くなるので、料金が高くなります。しかし、処分をすればその分荷物の量も減るので、料金を抑えて依頼することが可能です。また、段ボールなどを自分で用意するのも安く済ませるためのコツです。中には段ボールを無料で提供してくれる業者もありますが、有料オプションになるところもあるので、業者のものを利用するとその分料金が高くなることがあります。しかし、自分で用意すればその分料金を安く済ませることができるので魅力的です。

次の記事へ