関東(東京・神奈川)の単身引越し人力引越社(関東支社)

関東発の安心引越し業者人力引越社 関東支社

女性リピータ続出!
安心大満足のお引越しがこの料金で!

引っ越しする時期や挨拶のタイミングはいつがいいのか?

関東発の単身引越し人力引越社 > コラム > 引っ越しする時期や挨拶のタイミングはいつがいいのか?

引っ越しする時期や挨拶のタイミングはいつがいいのか?



引っ越しするならどんな時期がいいのか?



ひとたび引っ越しをするならば、時期を考えて、よりお得な時期に引っ越しをした方がいいに決まっていますが、だいたいいつ頃引っ越しした方がいいのでしょうか。基本的には1月から3月というのは、やはり引っ越しのピークになりますので物件を探そうと思ってもなかなか見つからないですし、引っ越し業者に依頼しても希望の日時に来てくれるかどうかは運次第のところもあります。また、引っ越しがピークになる時期に行ってもなかなかお得になることはありません。

したがって、ピークを過ぎた5月辺りから引っ越しを考えるのがお勧めです。このくらいの時期になれば、業者の方もゆとりがあるので自分のスケジュールに合わせやすいですし、さらに新生活を始めるにあたって物件選びもはかどるようになります。多くの人が引っ越しを考えているということは、それだけ物件選びも困難になるということなので、自分にとって理想の物件を探すためにはやはりピークの時期から少しずらして考えてみるといいでしょう。

やはり部屋探しをするならば、ピークが始まる1月から3月は避け、そして5月辺りがいいと言えます。時期を考えてから新生活を始めるようにすれば、諸々の交渉もしやすいので非常にお得です。ただ、時期によっては今住んでいるマンションやアパートの家賃を二重払いしなくてはいけなくなるので、家賃を支払うタイミングはいつになるのかをしっかりと考えてから新生活を送るタイミングを考えるといいでしょう。また、時期によっては値段交渉や家賃交渉がしやすくなるので、なるべく繁忙期は避けて引っ越しを考えると非常にお得になります。



見積もりを取る時期はいつがいいのか?



引っ越しするときには、前もってどのくらいの料金がかかるのかの見積もりを取ることが大事なのですが、見積もりはいつ取ってもいいというわけではありません。例えば、半年後に引っ越しを考えているときに、今の段階で見積もりを取っても意味がありません。なぜなら、半年も経てばさすがに時期が遅すぎるからです。費用というのは時期も関係していることがあるので、基本的には予定日の数日前に見積もりを取るようにしましょう。そうすれば見積もり額と差異なく業者に依頼することができます。

多くの人は移動の数日前に見積もりを取っており、見積もりと変わらない料金で移動できています。また、見積もりは繁忙期になるほど予約を取りづらくなるのでなるべく早めに依頼する必要があります。業者によっては、1日でできる見積もりの件数には限りがありますので、せっかく休みの日を利用して見積もりを取ってもらおうと思っても、その日は予約でいっぱいになっているのであれば意味がありません。せめて移動日の数週間前までには見積もりを取っておきましょう。

また、見積もりを取る方法としては、直接業者に自宅に来てもらう方法とネットでの見積もりの方法があります。自宅まで来てもらうメリットとしては、直接担当者と話すことができるので、疑問点があったら相談しやすいですし、値段の交渉もしやすいというメリットがあります。ただ、なるべく人を自宅にあげたくない方にとっては敬遠してしまうかもしれません。一方でネット見積もりのメリットというのは、自宅にいながら見積もりができるので、わざわざ担当者が来るときの時間を合わせる必要がなく、自分のタイミングで見積もりをしてもらうことができます。ただ、担当者と直接話ができない分、疑問点があったら電話で問い合わせる手間はかかります。



時期を考えて挨拶もしておくことが大事



実際に新生活を送る前には、ご近所に挨拶をしておくことも大事です。特に付き合いのあったご近所さんがいたら、引っ越しする1週間前までにはきちんと挨拶をするようにしましょう。いきなりいなくなるのはマナー違反になります。また、実際に新生活を始めるときには、新居のご近所さんにも挨拶が必要です。

挨拶するときには時期や時間帯に気をつけることが大事です。例えば、早すぎても遅すぎても相手にとっては失礼になりますので、無難なのは新生活が始まった当日、もしくは数日以内になります。一緒に手土産も持っていけば今後相手と良好な関係を築きやすくなるので、相手にとって負担にならないような手土産を選んで渡すといいでしょう。

挨拶に行く時間帯なのですが、例えば相手がファミリーの場合であれば午後3時から4時くらいに行くなど、夕飯の支度前に行くのが無難です。せっかく手土産を持参して挨拶に行ったとしても、時期や時間帯が悪いとあまり良くない印象を持たれてしまうので、きちんと配慮しなければいけません。また、挨拶する相手が例えば独身女性で、こちらがファミリーであればなるべく女性が挨拶に行くようにしましょう。また、こちらが独身男性であればなるべくお昼過ぎなど明るい時間帯に行くようにして長居はしないようにすると、警戒心を持たれることなく新生活を送ることができます。

次の記事へ