関東(東京・神奈川)の単身引越し人力引越社(関東支社)

関東発の安心引越し業者人力引越社 関東支社

女性リピータ続出!
安心大満足のお引越しがこの料金で!

エレベーターなしの物件は引越し料金が変わるのか

関東発の単身引越し人力引越社 > コラム > エレベーターなしの物件は引越し料金が変わるのか

エレベーターなしの物件は引越し料金が変わるのか


引越しの大変さ



引越しというのはとても大変な作業です。一人暮らしであってもファミリー世帯であっても荷物の量に関係なく、人の荷物を運ぶということはとても神経を使いますしトラブルが起きないようにと色々と配慮をしなければなりません。荷物も重いのに更に壊さないように意識して運ぶとなれば一度の作業での心身の負担というのは相当なものです。

引越し作業員というのはそのような作業を一日に何件も行います。特に繁忙期ともなれば朝から晩までなんども色々な家庭に出向いて引越し作業をすることになりますから疲労はかなりのものです。時には簡単には運べないような荷物が多い物件もありますから、更にその負担は大きなものになります。

引越しというのは常に簡単ではありません。とても大きな荷物を運ぶこともありますし、運びにくい間取りの家もあります。物件によっては窓からものを入れなければならなかったりドアを外して作業をしなければならなかったりすることもあり、作業は単純なものではありません。その家の様子を見ながら適切な対応をすることが必要なのです。特に一人暮らしの物件に多いケースとして、家の間取りが狭いために共有スペースも狭いことがあります。共有スペースが狭いとなれば荷物を運ぶのに作業員が方向をしっかりと考えて行わなければならないですし、住民とすれ違う場面ではうまく譲り合って作業をするということも必要です。

物件によってはエレベーターがないという場合もあります。そのため、一戸建てやファミリー世帯の物件と違ってかなり神経を使うということもあります。多くの人がファミリー世帯の引越しが大変だと思うものですが、実際には一人暮らしの人向けの物件でも負担は相当なものになることがあるのです。また引越し料金も作業員の労働に見合う金額を設定してあり、マンションの高い場所に引っ越す場合、エレベーターなしの所ではさらに引越し料金が高くなることがあります。



エレベーターなし物件の引越し料金



引越しをする際、マンションによってはエレベーターなし物件なのに3階や4階まで部屋があるというケースがあります。日常生活でも高い階に住めば階段の上り下りがそれなりの負担になるものです。これが引越しとなればかなりの負担がかかってくることは容易に想像できます。引越し作業員が作業をするとしても家財道具を3階や4階からエレベーターなしで移動させるとなれば全てを持って上り下りすることになってしまいますからかかる負担は相当なものとなります。

そのため引越し会社によってはエレベーターがないという物件については引越し料金が割り増しになるというケースもあります。物件によって間取りや全体の形状というのは様々です。そのため割り増しになるといってもその費用が具体的にどのくらい割り増しになるかは異なってきます。引越し業者によっても計算方法が違いますからどこの業者に依頼をするかということでも違ってくるでしょう。どのくらいの費用がかかるかということを確認するためには、事前に見積もりを出してもらってその内容を確認する必要があります。

マンションの構造によってエレベーターなしでも割り増し料金が必要ないと言われるケースもありますし、割り増しになる分だけ他のところでサービスが受けられたりといったこともあります。荷物の量や建物の構造を見た上でこのような細かな部分の金額というのは決まってきますから、実際に家に来てもらって見積もりを受けた上で作業の費用を決めてもらい、引越し当日に見積もり以上の費用を請求されるようなことがないようにしましょう。



エレベーターなし物件の引越しの注意点



エレベーターなしの物件で引越し料金の割り増しがあることはよく知られていますが、それ以外にも引越し料金が割り増しになるというケースもあります。業者によってこのような割り増し料金の設定というものは違ってきますから、必ず事前に確認をしましょう。

引越し業者によっては部屋が階段やエレベーターまで離れていることが理由で割り増し料金を請求されるということもあります。ですから、エレベーターがないから料金が高くなるといった安易な考えではなく、きちんと見積もりを受けた上で費用がどのくらいになるかということを考えましょう。

また、エレベーターなしの物件で引越しをする場合で特にそれによって割り増し料金を取られなかったというケースでは、しっかりとお礼を伝えると同時に差し入れなどを用意することで、気持ちよく引越し作業を進めることができます。一般的には引越し作業員へは差し入れが必要ないと言われますが、特に夏場の暑い時期の引越しや冬の寒い時期の引越しというのはかなりの負担です。そこで終わった時に季節に応じて冷たい飲み物や熱い飲み物を用意しておくという心遣いをすると、引越し作業員の気持ちも違うものです。

大事な荷物を運ぶ上で、エレベーターなしの場合や、建物の形状は引越し料金に大きく影響するので、引越し業者もさまざまな状況に対応するような引越し料金を設定しています。事前に情報を収集して自分に合ったサービスを提供してくれるところを選びましょう。

次の記事へ